歯周病対策はキシリトールで出来る!?

はじめに

 国民の健康意識の高まりによりシュガーレスガムに続く形で、1997年に登場したのが虫歯予防に良いというキシリトール配合のガムですが、キシリトール配合のガムは現在もなお売れ続けているロングセラー商品となっています。

キシリトールとは?

 キシリトールは自然界に存在する天然の代用甘味料であり糖アルコールの一種ですが、甘味料であるものの虫歯菌のエサとならないため、虫歯の原因となる酸が産生される事がほとんどありません。また、詳しく解明はされていないものの歯の再石灰化の促進やプラークの量及び付着を減少させる働き、虫歯の原因菌であるミュータンスの菌の増殖を防ぐなどの作用があるため、虫歯の発生を防ぐ効果があると考えられています。
さらに、キシリトールは歯周病予防にも効果を発揮すると言われています。といいますのも、キシリトールは虫歯菌だけではなく歯周病菌にとっても栄養分とはならないため、プラークができにくい環境を形成すると考えられるからであって、歯周病の原因となるプラークができにくいという事は歯周病のリスクの低下につながるからです。ただ、キシリトールはあくまで虫歯や歯周病のリスクを低下させる予防効果が期待できるのであって、基本的には口内を清潔に保つためのブラッシングが大切になります。
そのため、キシリトール配合の歯磨き粉が歯周病予防にも効果的ですが、歯周病対策に効果的な成分は他にも、歯茎の血行を促進するビタミンEであったり、歯周病菌に対して高い殺菌効果を発揮する「IPMP」などの薬用成分が配合されたものを選ぶのが歯周病対策に良いと言われています。
IPMPは通常は細菌にまで殺菌成分が浸透しないバイオフィルムという膜の内部にまで浸透する成分であり、他の殺菌作用を持つ薬用成分とはバイオフィルムに対する浸透性が全く違います。そのため、歯周病対策にはIPMP配合の歯磨き粉が効果的というわけです。また、歯周病対策の歯磨き粉を選ぶ場合は、プラークによって産生される酸の量を抑え虫歯予防に良いフッ素配合の歯磨き粉が良いと言われていますし、歯の表面を削り歯垢の付着性が高まる研磨剤が無配合の歯磨き粉を選ぶ事も重要です。