夏バテになると口臭がキツくなる!?

終了までの目安時間:3分

夏バテで口臭が増す理由

毎年暑い夏の時期になると、夏バテになってしまうという人も多いでしょう。あまり知られていないことですが、夏は口臭がきつくなりやすくなる季節だともいわれています。その原因としては夏バテが挙げられます。

夏バテになると、食欲がわかないからといって食事を食べなかったり、そうめんや冷ややっこのような、冷たくて、するりと食べられるような食事を選びがちです。これは夏バテをした人にとっては普通のことですが、口臭の原因につながってしまうのです。

このような食事では舌苔が掃除されなくなってしまいます。舌苔とは舌の表面に付着している白い物質のことを指します。口臭の原因の多くが、この舌苔にあるといわれています。舌苔のにおいは、タマネギや卵が腐ったにおいとも表現されるほどのにおいです。夏バテになった人が好んで食べるようなそうめんや冷奴などのようなのどごしがよい食事では、舌がきちんと掃除されないため、舌苔がこびりついてしまいます。

舌は食事をしている時に無意識のうちに掃除がなされています。私たち人間が食事をよく噛んで食べれば、舌との摩擦が起こり、無意識に掃除がされているのです。

口臭をケアするには?

舌苔の中には歯周病菌などの雑菌がたくさん含まれています。歯周病になると口臭はさらに強烈なものとなるので、そうなる前に舌のケアもしっかりと行うようにしましょう。

もしも夏バテで食事が取れず、口臭は気になるという場合には、舌苔を除去するようにしましょう。一番効果的な方法は、ドラッグストアなどで販売されている舌専用のブラシです。注意しなければならないのは、歯ブラシでは磨いてはならないということです。舌は思っている以上に傷つきやすいもので、歯ブラシで磨いてしまうと、目に見えないような小さな傷ができてしまいます。舌専用のブラシを使って、やさしくケアするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です